【『 ハイリアの盾仕様 Newニンテンドー2DS LL 』~絶賛 有休消化中!四十路男の暇つぶし】

一昨年前に購入した「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」が超絶に面白く、しばし、ゼルダの世界に浸っていました。

そんな中、マイニンテンドーストア限定「ハイリアの盾型2DS」が発売されるとの情報。

 

携帯ゲーム機なんて、はるか昔、小学生時代の「ゲームウオッチ」が最後。

それから、「ファミコン」→「ディスクシステム」→「スーファミ」と、王道を歩んできました(ここで、いったんゲーム卒業)。

とにかく、テレビサイズの大画面でゲームをすることが絶対と信じ、ゲームボーイ以降の携帯機は「子供向け」と決めつけて、目もくれませんでした。

なので、DSも引っかからないはずなんですが、「ゼルダ愛」再燃中の今、どうしても気になることが・・・。

 

それは、「神々のトライフォース」以来、やってこなかったゼルダの過去作たち

時のオカリナ
ムジュラの仮面
神々のトライフォース2

いずれも、いまやDS以外でプレイするのは困難です。

 

迷ったら、買い」が身上の私。

初の携帯ゲーム機を、初利用の「マイニンテンドーストア」で注文しました。

 

届いたのは、昨年10月末。

永年働いてきた会社を辞め、時間が有り余っている絶好のタイミング。

開梱一番、デザインが素晴らしい!

   

おこさまへ」のメッセージに、若干萎えながらも、初期設定を進めていきます。

   

専用の充電アダプターも、購入済み。

   

そして、プリインストール「時のオカリナ」をプレイしてみると、これがまた素晴らしく面白い!

 

そもそも、老眼が始まった私には、画面が小さく、見えにくいところもあります。

3DSであれば、神殿や洞窟内での「高さ」「深さ」「奥行き」の空間表現は、もっと分かりやすいのでしょう。

さらに言えば、発売当時のハード「64」「ゲームキューブ」を使い、TVモニターサイズなら、さらに楽しめるだろうなとも思いました。   しかし、2DSでも、初代から続くあのゼルダの世界観は、少しも縮こまってはいません。

さらに、イヤホンを装着すると、音響処理(臨場感)の凄さを体感できました。

改めて、歴代のゼルダ開発チームに敬意を表し、未プレイの代表作を買ってきました。

全クリに、半年はかかりそうです。

【初代 ゼルダの興奮よ、もう一度!~時空を超えた超傑作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』】

少し前の話ですが、インフルエンザにかかってしまいました。

事前に予防接種を受けていたこと、即効性の点滴等が功を奏し、2日で病状は落ち着いたものの、入社後初の6連休。

が、家族への感染予防のため、ほとんど寝部屋での軟禁状態。

休勤中に外出するのも周囲の目が気になるし、「さて、どうしようか・・・」。

迷うことなく、一つの考えが浮かびました。

「今こそ『ゼルダの伝説』だ!」

実は、昨年末、長男の誕生日にと「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を購入。

「幼稚園児には早いかなぁ」とも思いましたが、同級生で持っている子もいるし。

それに任天堂ゲーム機は、何か、子供の感性に良いような気がする。

が、妻と話し合った結果、「ただでさえ、集中力のない息子には早い」となり、とりあえずパパ専用機(笑)に。

迷うことなく選んだのが、「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」なんです。

20171207_154704.jpg

ただ、不安はありました。

少し前に購入した、WII版「トワイライトプリンセス」を、途中で挫折してしまったから。

・いわゆる、おつかいモード(次に行くためには、●●を集めなさい)がしんどい。

・物語やダンジョンが複雑で、日を置いて再開時に、何をやっていたのか(どこに行ったらいいのか)分からなくなる

以上が、主なリタイア要因です。

アラフォーのリタイアゲーマーにとって、「最新ソフトに順応できるのか?」との不安は常に付きまといます。

が、予想は良い方に裏切られました。

ブレス・オブ・ザ・ワイルド」を約1時間プレーして思うのは、「これは奇跡的な傑作ではないか!?」ということ。

あの、初代ディスクシステム版をも凌駕する気がしています。

ここで、作品の魅力について少し。

先の戦いで、ラスボス「ガノン」にまさかの大敗を喫した際、未来への希望を託され、祠の中に眠らされた主人公「リンク」。

100年後に目を覚ますも、記憶喪失で何も覚えていないという設定がまず面白い。

各地にある思い出の場所を訪れると、フラッシュバックが生じて、徐々に記憶が戻っていくのだけど、スーパーファミコン以来、約30年振りに「ゼルダ」をプレイしている自分の心境と似たものを感じてしまいます。

特に素晴らしいのが、現実と錯覚するほどに臨場感溢れる「フィールド」

草原に吹き流れる風の音。

大地を踏みしめる足裏の感触。

昨年、森林公園で昆虫を追い回した、あの感覚を思い起こすリアルさです。

天候描写も絶妙で、雷雨の時は本当にびしょ濡れになったように感じるし、炎天下の砂漠では、焼けつくような日差しを避け、木陰に隠れたくなる。

そして、この地に生きる様々な生命との触れ合い(なんと、昆虫や動植物を捕まえて、料理することができます)。

なるほど、これが「ブレス・オブ・ザ・ワイルド(野生の息吹)」か!

昼夜を忘れて没頭しているうち、3日目になり、リビングに下りることを許されました。

予想通り、長男が「ゲーム、やらせて!」と喰いついてきます。

ただし、「ゼルダ」は一人用ゲーム。

仕方なく交代でやることになりましたが、息子とはいえ、大切に育てた「リンク」を無様に死なせてしまうのは許せません。

時には、兄弟喧嘩さながらにコントローラーを奪い合い、またある時は、息子のちょっとしたヒントから、謎が解け、ハイタッチを交わす。

幼稚園から帰ってくると「パパ、ゼルダやろうっ!」と、親子揃って夢中になりました。

本当に素晴らしい作品は、年齢や時代も超えて響くんだなぁ。

夢のような日々は、職場スタッフの新たなインフル感染と共に幕を閉じましたが、『この「ゼルダ」のため、ノーベル賞にゲーム部門を新設してもらいたい!』と、本気で思っています。

【ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス】アラフォー・パパのゲーム回顧録

PS2「ドラクエ8」で卒業したはずのTVゲーム。

が、ここに来て、やりたい気持ちが急増。

きっかけは、話題のアマゾンレビュー「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」。

内容は、「日々の会社員生活に疲労困憊のサラリーマンが、ふとしたきっかけで購入したゼルダをプレイすることで、その昔、ゲームに明け暮れた少年時代を想起し、今も当時と変わらない感動を与えてくれるゼルダに対する感謝の思い」を綴っているのですが、これが話題になるのも当然の素晴らしい文章!

中学生時代のディスクシステム版ゼルダの興奮を思い出し、居ても立ってもいられなくなってしまいました。

ただ新たにスイッチを購入する余裕はなく、替りに引っ張り出してきたのは「WII」。

7年前、「ドンキーコングリターンズ」がやりたくて、遅まきに購入。

他のソフトは安価な中古を買いましたが、当時でも、ゼルダシリーズは高値で、かろうじて2000円以下で購入出来た「メトロイドプライム」シリーズをやったきり。
(メトロイドはおもしろかったけど、右コンAボタンを連打しすぎ、腱鞘炎に。電池消耗の早さにも驚かされました)
 
その後は、永らくクローゼットにしまわれておりました。

「しかし、今さら、チビ二人が独占中のリビングTVに接続してもなぁ。自室のパソコンモニターを使えれば最高なんやけど・・・。」

調べてみると、ありました。WII用PCモニター変換装置が!

しかも1000円。

20170625_002047.jpg

こういう時こそ、「本当に便利な世の中になったなぁ」と実感します。

そして、久しぶりに中古ゲームコーナーを覗いてみると、あった!あった!!

20170625_005716.jpg

名作の誉れ高き「トワイライトプリンセス」が!!

しかも、この傑作中の傑作が、2000円以下の値付け。
改めて「素晴らしい世の中になったもんだなぁ」と、しみじみ。
 

さぁ、役者はそろった。
 

汗ばむ手で、変換器を接続。

20170625_002234.jpg

20170625_002439.jpg

珍しく、トラブルなしで接続完了。

久しぶりにPCモニターに映るWIIトップ画面。

20170625_010121.jpg

「おぉーっ!!・・・あれ、こんなに粗かったっけ?」
 

感慨にふけるより、解像度の低さに驚きました。

モニター内蔵スピーカーから出てくる音の悪さにも閉口。

いや、待て、待て。
最新のゲーム機やないし、そもそも、あの頃の感動を確かめたくてのこと。

ただ今、深夜1時過ぎ。

明日の仕事に差し支えないよう、30年振りのハイラルの地を、少々散策するとしますか。

【ファミリーコンピュータ・ディスクシステム/ファミリー ベーシック】アラフォー・パパのゲーム回顧録

ゲームウオッチ「パラシュート」から始まって、PS2「ドラクエ8」でいったん幕を閉じた我がゲーム史。
買ったり、借りたりといろんなゲームをやってきましたが、「一番おもしろかったのは?」と聞かれると、「ディスクシステム:ゼルダの伝説」と即答できます。

任天堂「ファミリーコンピュータ・ディスクシステム」の記念すべき第一弾ソフトとして発売された「ゼルダの伝説」。
後にシリーズ化されるゼルダの幕開けです。

ちなみに、このディスクシステム。

1983年に発売されたファミリーコンピュータから3年後の1986年に発売されています。今でこそ、ハードの周期は3年ぐらいですが、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いのファミコンがあるなかで、また新たなハード出現か!と、中学生だった私は非常に興奮したのを覚えています。
度重なる出費に、親たちはうんざりしていたことでしょう。

ディスクシステムには大きな特徴が3つあります。

1.ROMカセットを上回る大容量
2.価格を安価に抑えられる
3.データのセーブ、保存ができる

これらは、ファミコンからの大きな革新要素でした。
いまでこそセーブ機能は当たり前ですが、当時はとても大きな革命だったのです。

ディスクシステム最大の特徴は『書き換え』にあります。ひとつのディスクがあれば、新作毎にディスクを買い換えなくても、データの書き換えによって別のゲームを楽しむことができるわけです。全国のおもちゃ屋さんなどの店頭に『ディスクライター』が置かれ、500円で別のゲームにデータを書き換えることが可能でした。たった500円で、気楽に違うゲームを楽しむことができることになったのです。

ただ、この前に、あの「FAMILY BASIC」が1984年に発売されています。

自分でプログラミングしてゲームを作る」というキャッチは、当時の小学生にとって神の領域。

ファミコンと同じ販売価格にもかかわらず、親には「これからのコンピュータ時代にプログラミングは必須」と、ゲーム目的ではなく、あくまでプログラムの勉強を匂わせる攪乱戦法で、なんとか購入にこぎつけました。

が、いざ蓋を開けてみると、
・プログラミングに懸けた労力の大きさと、出来あがったゲームのしょぼさに愕然とし、多くの小学生同様、早々に脱落する羽目に。

最終的には、全く使うことのない「伝言」ボードの使用に留まってしまい、自身の能力のふがいなさ、購入してもらった親への申し訳なさで、苦い想い出となりました。
また、「任天堂の出すものすべてが素晴らしいわけではない」ということを子供ながらに悟りました。

間違いなく、人生における買い物ワースト3に入ります。

アラフォー・パパのゲーム回顧録「星のカービィ」

先日、息子とお風呂に入っていた時のことです。

「パパ、カービィって知ってる?可愛いよねぇ」

20170622_233908.jpg

ソフビを手にして、それは、それは、うっとりとした表情の息子。

私は「うーん・・・」と言ったきり、バスタブの揺れる湯面を見つめるばかり。

忘れかけていた記憶が、蘇ってきたのでした。

「星のカービイ」
1992年4月27日に任天堂より発売されたゲームボーイ用の横スクロールアクションゲーム。

このゲームについて私は語る言葉を持ちません。
なぜなら、やっていないからです。

それまで、はまっていたゲームは
「ゼルダの伝説」「メトロイド」「ドルアーガの塔」「悪魔城ドラキュラ」等、硬派の主人公が中心でした。

そこに、あろうことか、「僕ちん、生まれてきたばかりなんだじょ」と言わんばかりの、愛くるしさMAX、ピンク色のまんまるちゃんが、スーパーマリオをさらに甘口にしたような世界で、よちよち動くゲームが登場したのです。

「なんや、この甘ちゃんゲームは!!」
これまでのゲーム観を否定されたような腹立たしさと同時に、「任天堂はこういった方向に進んでいくのか・・・」と寂しさを感じたのを覚えています。

そんなカービィも、今年で誕生25周年を迎えるほどの人気キャラクターに成長しました。

リンクやサムスとは比べようもない高い認知度で、特に、女性や子供から絶大な人気があるのだそう。

任天堂の戦略は間違ってなかったのですね。