【初めてのブログ開設~三ヶ月間続けてみて思う事】

購入した「ブログ開設 HOW TO本」に従い、とりあえず三ヶ月間、投稿を続けてみた。

本によれば、文章力が上がり、意欲が高まってくるのが三ヶ月目という。

また、その間、以下のルールを意識するようにとも。

①ブログのテーマを一つに絞る→専門性を高めよ!

当初は、大好きな音楽について書く予定だった。
しかし、アルバムにしろ、アーティスト評にしろ、劣化版ライナーノートの域を超える気がせず止めた。

②毎日の投稿を欠かさない→ブログの鮮度を維持せよ!

ルールを守ろうとするあまり、次第に薄いネタを引っ張り出すことに。

③不特定多数が見る事を意識→荒れる要素は極力排除せよ!

文章は、ソフトな印象を与える敬体に。また、断定調も極力避けた。

そして、三ヶ月が経った現在の心境はというと、

「・・・楽しくないなぁ」

薄い内容を、当たり障りのない文章に変換して、一体誰に届くのだろう。

一番の問題は、何より、自身が楽しめていないこと。

なので、今後は以下のようにします。

①ジャンル問わず、自分の心に響いたことのみ書く

②毎日投稿を義務付けない

③読み手を意識し過ぎず、感じたことをそのまま書く

自分濃度を徐々に高めて、雑多記事が渦巻く「闇鍋」状態になれば、と思ってます。

【最強毒蛇『ヤマカガシ』が自宅庭に出没!~ママ、大奮闘の巻~】

帰宅するや否や「今日、大変なことがあったよ!」と家族総出で報告。
 

時は、お昼過ぎ。

玄関横にある室外機を通り過ぎようとしたママは、何かを感じた。

よくみると、庭のエアコンの室外機の上に蛇らしき物体が。

最初は、おもちゃだと思ったらしい。
 

と言うのも、チビ二人が、ゴム製の蛇を何本か持っていて、風呂に入れたり、庭に持って出たりして遊ぶことが多いから。

そのまま、じーっと見ていると、チロチロと舌が動いた気が!?

目の錯覚かと思い、そのまま見続けると、今度はにょろにょろと動きだし、生きた「蛇」であることが発覚。
 

パニックになる心を抑えながら、スマホで撮影。
DSC_5771.JPG

ググると、体の模様が「ヤマカガシ」に酷似している。
 

「ヤマカガシ」と言えば、最近子供が噛まれて重体になったニュースが記憶に新しい。

「蛇の駆除」で検索→「保健所へ連絡」までは分かったものの、あいにく土日祝は休み。
 

さて、どうする?
 
 

子供達には「外に出たらダメ」と言うものの、このまま放っておいて、おびえながら暮らすのも嫌。

更に検索すると、警察でも対応してくれる場合があるとのこと!
 

早速、地域の警察署に連絡。

最初は、「えっ、蛇ですか・・・」と気乗りのしない返事だったらしいが、

・ヤマカガシに酷似している

・最近、子供がかまれて重体になったニュースがあった

・このままだと心配だ

と繰り返し主張すると、「最寄りの交番に転送します」とのこと。
 
 

転送先の交番は「分かりました、行きます」との返事で、すぐにミニパトとバイクの二人組が到着。

現れた二人の警官は、ポリ袋入り1枚のみ持参で、ほぼ、手ぶら。

奥さん、このスコップお借りしてよろしい?

と、庭にあった園芸用のスコップを手にするやいなや、ヤマカガシの頭部分を押さえつけ、足で胴体部分を踏みつけた。
 
 

ここで、切断しないほうがいいですか?」と聞く警官に、返事を戸惑うママ。

すると、警官は「わかりました」と、外の道路まで移動して、事をなしたらしい。

一部始終を観察していた息子が事後報告してくれた。
 
 

その後、再度交番から連絡があり、「専門機関が休みなのではっきりしたことは言えないが、おそらくヤマカガシだと思います」との連絡あり。

対応してくれた警官への感謝はもちろんですが、機転を利かして駆除に導いたママこそ、アッパレだと思いました。
 

卵がないか調べるのは、パパがやる予定です・・・。

【CASIO オシアナス】~基準位置合わせ!?

夏季専用として愛用中のオシアナス。

職場の壁時計が遅れ始めて「正確な時刻が分からん」と騒いでいたので、ここぞとばかり「これ電波時計やから合わせたら?」とアピール。

ところが、このタイミングで、分も秒も狂っていることが判明しました。

「電波時計やのになんで?」と側面にあるスイッチを適当に押しまくっていたら、関係ない針がぐるぐると回りだし制御不能。

帰宅後、手のひらサイズのマニュアル片手に、手動受信をはじめ色々とやってみたのですが、時刻・日付は合うものの、曜日針はあらぬ方向を指してます。
その後、いくら調べても解決策が見いだせません。

購入したデパートに持っていくことも考えたのですが、とっくに保証期間は切れており、結局はメーカー送りになって料金が発生することを考えると気が進みません。

悩んだ末、たまたま立ち寄った町の時計屋さんで聞いてみました。

状況を説明すると、開口一番「基準位置合わせはされましたか?」

「えっ、何?」とポカーンとしていると、
「強烈な磁気の近くに置いていると、いくら手動受診を繰り返しても狂いが治らないことがあります。その場合、基準位置合わせが有効です。マニュアルがあるのでしたら、一度やってみてください。」とのこと。

その通りに、マニュアルを調べてやってみると、一発で解決!

町の時計屋さん、凄いです。