【『ダライアスバースト クロニクルセイバーズ アイアンフォスル』~神レベルのデザイン、奇跡のフィギュア化!】

「ダライアス」って知ってます?

1986年にタイトーが発売した、横スクロールのシューティングゲーム。

Screenshot_20180613-152826~01.png

3画面が隙間なく繋がったゲームモニターの存在感が凄まじく、「スペースハリアー」「アフターバーナー」と並んで、注目の的でした。

当時、小学生だった私は、横長スクリーンに散らばる敵弾に目がついていかず、何度やっても瞬殺。

仕方なく、年上ゲーマー達のプレイを後方で鑑賞。
 

そして、度肝を抜かれたのが、ステージ最後に登場するボスキャラ
Screenshot_20180613-155708.png

なんと、海洋生物をモデルにした宇宙戦艦が登場するんです!

小学生男子が大好きな「海の生き物」

それが、巨大戦艦になって宇宙空間に登場するんですから、もう完全に虜です!!
 

代表格が、これ。

Stage 1 Boss
キングフォスル [KING FOSSIL] (シーラカンス)

Screenshot_20180620-125812.png

うーん、今見ても最高ですね!
 
 

時を経て、2016年。

シリーズ最新作「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」で、アイアンフォスル [IRON FOSSIL]として登場。

Screenshot_20180613-214143.png

そして、なんとフィギュアが発売されました!

 

発売当初から気になってはいたものの、値段も凄くて手が出ません。

それが、先日たまたまアマゾンをチェックすると、なんと半額以下に!


 

思わず、ポチってしまいました。

 

開梱

20180615_115025.jpg 20180615_115051.jpg 20180615_115230.jpg 20180615_115340.jpg

ネットレヴューで「でかい、でかい!」と騒がれており、期待していたのですが、正直、思ったよりは小さかった。
 

このトゲトゲは、かなり危険。
20180615_123528.jpg

20180615_123624.jpg

怪我が怖いし、折れやすそうなので、息子たちには触らせません(断言)。
 
 

可動は、「口」と「鱗」、「尾びれ」位でしょうか。

20180615_120112.jpg 20180615_120207.jpg 20180615_120243.jpg 20180615_120343.jpg 20180615_123624.jpg

本体部分は、ほとんど曲がりません。
 
 

結構、ポロリあります。

20180615_123639.jpg 20180615_123751.jpg

 
 

【感想】
サイズの割にほとんど可動しないので、観賞用ですね、これは。

再現性は素晴らしいのですが、軽さとモロさが気になりました(戦艦ならではの重厚さや金属感が欲しかった)。
 

普通に置いていると、剥製みたい。
20180615_124135.jpg

 

半額で買ったので偉そうなことは言えませんが、定価だと、どうかなぁ。
 
 

壊れないうちに、コレクションケースへ。

20180620_000341.jpg

・・・「LEGOグリーヴァス」こそ、本当にでかいなぁ。