【ひと月遅れの夏休み~『小浜島』編】(その4)幻の島上陸ツアー

真夜中に、ふと、目が覚めました。

こめかみが、ずきずきと波打っています。
 

「こ、これは・・・。」
 
 

私は、偏頭痛もち。

数か月に一回程度でビッグバン級が来るのですが、どうやら旅行中に来てしまったよう。
 

いつも通り、頭痛から来る「吐き気」がやってきました。

トイレに直行します。
 

・・・結局、朝の4時まで、一時間毎に目が覚め、その都度リバース。

途中からは、胃液しか出ません。

最悪のコンディションで、翌朝を迎えてしまいました。

起きた妻が「大丈夫?」と声をかけてくれますが、経験上、偏頭痛の波が止むのを待つしかありません。
 
 

一番の問題は、予約済み「海洋アクティビティ」。

8:30に、ホテル出発なので、それまでに何とか回復させないと。

 
 

7:30 青白い顔で朝食ブッフェへ向かうも、ヨーグルトふた口が限界

爽やかなはずのパイナップルジュースも、胃酸で荒れた五臓六腑を刺激します。

よろよろと部屋に戻って横になり、出発時間まで、回復待ち。
 

 

・・・いよいよ、集合時間がやってきました。
 
 

気分がすぐれないまま、家族と共に出発。

小浜港に着くと、早速、船に乗り込みます。
20170905_085115.jpg

「そのまま海に吐けばよい」と覚悟を決めます。
 
 

申し込んだツアーはこれ。

Screenshot_20170909-111216~01.png
 

Screenshot_20170909-110304~01.png

 
船上で、温かい陽光と潮風を浴びていると、不思議と気分が良くなってきました。

さすが、太陽パワーに勝るものなし!
 

 
 

10分後、最初のツアー地点「幻の島」に到着。

20170905_085840.jpg 20170905_090403.jpg 20170905_091515.jpg

潮の満ち引きにより、一定時間だけ現れる島。

とにかく、写真映えするスポットですね。

水面ギリギリを跳ね飛ぶ小魚の群れを、子供たちと追いかけていると、いつの間にか気分が治っていました。
 
 

次は、いよいよイベントの目玉「マンタチャレンジ」です。