【最強毒蛇『ヤマカガシ』が自宅庭に出没!~ママ、大奮闘の巻~】

帰宅するや否や「今日、大変なことがあったよ!」と家族総出で報告。
 

時は、お昼過ぎ。

玄関横にある室外機を通り過ぎようとしたママは、何かを感じた。

よくみると、庭のエアコンの室外機の上に蛇らしき物体が。

最初は、おもちゃだと思ったらしい。
 

と言うのも、チビ二人が、ゴム製の蛇を何本か持っていて、風呂に入れたり、庭に持って出たりして遊ぶことが多いから。

そのまま、じーっと見ていると、チロチロと舌が動いた気が!?

目の錯覚かと思い、そのまま見続けると、今度はにょろにょろと動きだし、生きた「蛇」であることが発覚。
 

パニックになる心を抑えながら、スマホで撮影。
DSC_5771.JPG

ググると、体の模様が「ヤマカガシ」に酷似している。
 

「ヤマカガシ」と言えば、最近子供が噛まれて重体になったニュースが記憶に新しい。

「蛇の駆除」で検索→「保健所へ連絡」までは分かったものの、あいにく土日祝は休み。
 

さて、どうする?
 
 

子供達には「外に出たらダメ」と言うものの、このまま放っておいて、おびえながら暮らすのも嫌。

更に検索すると、警察でも対応してくれる場合があるとのこと!
 

早速、地域の警察署に連絡。

最初は、「えっ、蛇ですか・・・」と気乗りのしない返事だったらしいが、

・ヤマカガシに酷似している

・最近、子供がかまれて重体になったニュースがあった

・このままだと心配だ

と繰り返し主張すると、「最寄りの交番に転送します」とのこと。
 
 

転送先の交番は「分かりました、行きます」との返事で、すぐにミニパトとバイクの二人組が到着。

現れた二人の警官は、ポリ袋入り1枚のみ持参で、ほぼ、手ぶら。

奥さん、このスコップお借りしてよろしい?

と、庭にあった園芸用のスコップを手にするやいなや、ヤマカガシの頭部分を押さえつけ、足で胴体部分を踏みつけた。
 
 

ここで、切断しないほうがいいですか?」と聞く警官に、返事を戸惑うママ。

すると、警官は「わかりました」と、外の道路まで移動して、事をなしたらしい。

一部始終を観察していた息子が事後報告してくれた。
 
 

その後、再度交番から連絡があり、「専門機関が休みなのではっきりしたことは言えないが、おそらくヤマカガシだと思います」との連絡あり。

対応してくれた警官への感謝はもちろんですが、機転を利かして駆除に導いたママこそ、アッパレだと思いました。
 

卵がないか調べるのは、パパがやる予定です・・・。