【人混み、行列が大嫌いなアラフォー・パパの『USJ体験記』(その1)】


映画が好きなので、USJにはこれまでに何度か出向いています。

■オープン当初(10年以上前)

当時の人気アトラクションは、「E.T.」 「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」「ターミネーター」でした。

中でも、「E.T.」の待ち時間が長かったかな。

朝から夕方にかけて、「バックドラフト」「ジョーズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」「ウォーターワールド」を回りました。
乗れなかった残りのアトラクションは、二回目で回りきったと思います。

印象に残っているのは、

・一番楽しみにしていた「BTTF」→激しい動きで気分悪くなった

・「ジュラシック」→最後でびしょ濡れ

・「バックドラフト」→熱量の凄さ(ジュラシックで濡れた服が乾くほど)

・長時間並んだ「E.T.」→最後の呼び出し名が間違われる

■約4年前

妹さん家族と2家族合同で出かけたこの日、飛ぶ鳥を落とすUSJの勢いを思い知ることになります。

まずは、平日にもかかわらず、チケット売り場が大混雑

チケットを購入→入園に1時間以上かかりました。

ようやく入った後も、人・人・人・・・どこもかしこも梅田の地下構内並みの過密度で、まともに進むこともできません。

極めつけは、当時一番人気アトラクションの「スパイダーマン」。

待ち時間 180分!」の掲示板を見て顎が外れそうになりましたが、同行の小学生の甥はこれが目当て。

一緒に、長蛇の列に並ぶことに。

「とは、言っても100分ぐらいで乗れるんちゃうの?」

淡い期待をよそに、きっちり180分間待つことになりました。

・・・180分って、三時間ですよ!

60分超えたころから、明らかに不機嫌かつ無口になっていった私とは対照的に、小学生ながら、文句も言わず待ち続けた甥っ子の健気な姿は今でも目に浮かびます。

しかし、大人は仕方ないにしても、子供をこれだけ長時間並ばせることに、腹立ちすら覚えました。

予定があったので、私だけ先にパークを出たのですが、結局、アトラクション利用はそれだけ。

帰りの電車の中、混雑から解放されてホッとしながらも、「高い金払ってこれだけ待たされる所には、二度と行くまい」と固く決意したのです。

そんな私が、今回どうして行く気になったのかと言うと、夏休みに泊まりに来ていた姪っ子が「USJに行きたい」と言ったから。

この夏、妻子の帰省先として、何週間もお世話になったママ方の妹さん家の姪っ子。

その、リクエストを断るわけにはいきません。

もちろん、ママ一人で連れて行くことも可能です。

実際、四年前に「USJ絶縁宣言」を発表して以降、家族は、私抜きで何度か出かけています。
ママの運転は私より上手いですし、何よりUSJが大好き。

ただ、この猛暑の中、姪っ子+未就学児のやんちゃ坊主二人を連れての、パーク移動やアトラクション待ちは想像を絶します。
前回のトラウマに悩みつつも、自ら重い腰を上げることにした次第です。

明日は、パパもUSJに行こう!」と言った時の、意外かつ嬉しそうな家族(+姪)の顔。

長くなったので、続きは次回に。