【よくぞ商品化してくれました!!『高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃』】~別名「デッカード・ブラスター型水鉄砲」

ブレードランナーファンには馴染みの深い「ブラスター」が、なんと!「水鉄砲」として商品化されました。

マニアには鳥肌ものの商品なんですが、訳が分からない人がほとんどでしょうね。

もう少し、詳しく説明すると、

「ブラスター」とは映画「ブレードランナー」で、ハリソン・フォード演じる主人公デッカードが使用する架空の武器名。

通称「デッカード・ブラスター」と呼ばれています。

独特の近未来世界を描いた「ブレードランナー」は、多くの熱狂的な信者を生み、様々なモデラーやメーカーが「ブラスターレプリカ」を製作。

タイプによっては○万円から○十万円もするようですが、今秋公開予定の「ブレードランナー2049」を記念して?、発売されたのがこの商品。

これは、嬉しい企画ですね。

しかも、日本における「ブラスター Blaster」研究の第一人者である髙木亮介氏が製作した通称「高木式ブラスター」を、髙木氏全面監修のもとポリスチレンで製作。

猛暑日の続くこのタイミングに、水遊びまで視野に入れた「こだわり」と「遊び心」に満ちた企画です。

こちらが、届いた商品。

20170801_122410.jpg

サイズは1/1スケールの全長約25センチで、握りごたえは十分。

20170801_122725.jpg

価格面を考えると、ポリスチレン製の安っぽさ(軽さ)は仕方ありません。

カラーリングも出来る限り近づけようとしてくれています。

折れやすいと評判?のグリップ。

20170801_122749.jpg

気を付けねば・・・。

ここ(グリップ後面)から水を入れるんですね。

20170801_122822.jpg

レプリカとして愛でる人にはどうでも良いことですが、一応、射程距離は2~3メートルとのことです。