【BIRKENSTOCK Arizona EVA】~実際の履き心地は?

ここ最近、ビルケンの「Arizona」ばかり履いています。

それまではクロックスだったのですが、素足で履くことが多い夏場には「べたつき感」がちょっと・・・。

その点、ビルケンはコルク生地なので問題なし。あと、デザイン的に、街中への外出にも使えます。

クロックスとビルケンの特徴について、まとめてみました。

■クロックス:独自開発した特殊樹脂「クロスライト」により軽くて快適な履き心地を実現

■ビルケン:独自開発のインソール「フットベッド」により、理想的な体重移動を促すつま先のデザイン、足裏全体をしっかりと支え、足にかかる圧力も分散を実現。

20170724_223355~01.jpg

このカタログを見るとかなり複雑な構造です。
また、革靴のように、履く人の足裏に合わせてなじんでいく素材を採用しています。

ただ、ビルケンのコルク生地は、水分・湿気による変色(劣化?)があります。
現使用のアリゾナも、このように、かなりの黒ずみが出てきています。

20170724_142851.jpg

履き心地はこのままで、水辺遊びにも気にせず使えるようにと、アリゾナのEVAを見に行きました。

■Arizona EVA:EVAは一般的なサンダルのソールに用いられることの多い素材で、高い撥水性による丸ごと水洗いが可能。また、通常のアリゾナと比べて大幅に軽量化されており、長時間履いていても疲れにくい。

実際に試着してみると、正直、履き心地は、普通のアリゾナのほうが圧倒的に良いです。
またEVA素材特有の滑り感があってホールド感はゆる気味。

滑りにくさは、ツブツブ仕様のクロックスの方が良いと思います。

店員さんも、「長時間履くならアリゾナ、水辺でのリゾート使いなど短時間ならEVA」と言っていました。
また、「従来のビルケンと同様の期待はせずに、(EVAは)価格相応ですから・・・」とも。

まぁ、半額ですから正直な意見ですね。

ちなみに、アリゾナ足裏部の変色クリーニングはペア2000円、ソール交換はペア4000円とのこと。

少し迷いましたが、コレ目的の買い物でしたし、購入することに。

ネイビーと悩みましたが、「カーキ」にしました。

20170724_214250.jpg

今後の水辺遊びが楽しみですね。

そしてママも、初ビルケン「アリゾナ」を選択。

20170724_214404.jpg

店員さんに色々と説明を聞き、サイズ選びに。

ただ、おすすめのサイズだと、大きく感じた(指先の遊びが気になる)ようです。

これは、「これまで履いてきた靴の影響で、五本の足指がくっついてしまっている女性が多いから」とのこと。
しかし、履いているうちに、解放されるように足指が広がり、自然な足の形が形成されてくるそうです。

結局は、店員さんおすすめサイズに落ち着きました。

一度、良さを知れば病みつきになるのか、この日も、多くの女性客で賑わっていました。

ストレスの多い時代ですから、寝具同様、靴選びも大切に考える人が増えているような気がします。

スポンサーリンク