【『昆虫すごいぜ!』(里山公園編)】~黄昏に染まるモンシロチョウ

Eテレ「昆虫すごいぜ!」を見てからというもの、休みの日になると親子で公園へ向かいます。

大事なのは、遊具の充実度ではなく、蝶が飛んでいるかどうか。
以前は、老後の暇つぶし、ペットの散歩コースぐらいにしか思えなかった森林公園も、いまや宝の山。

幼稚園から帰ってきた息子を連れて、いざゆかん!

梅雨に入ったというものの、お天気続きで湿度も高くなく、虫捕りには最適ですね。

息子も私も、回数を重ねるごとに腕を上げ、捕獲率が高くなりました。
蝶に飽き足らず、川沿いに飛ぶトンボを追いかけ、森に入れば、樹液の出ている木はないかと探し回る。

そうこうしているうち、段々と日が落ちてきます。

ここからが、素晴らしいんですよ!

まずは、辺り一帯、夕日の金色に染まり出します。

それまで飛んでいた蝶たちは影を潜め、池からは「グワン、グワン」とウシガエルの声。
森の入り口からは「ブーン、ブーン」と複数の羽音が唸りを上げ、まるで私たちに帰宅を促すかのよう。

徐々に気温が下がり、汗ばんだ体に心地よい風が流れはじめると、周囲の草木の香りが一層濃厚に。

「昼」と「夜」の境目。
自然の雄大さ、美しさを五感で満喫できる貴重な時間です。

長く伸びた家族の影と一緒に、余韻を楽しみながら、ゆっくりと駐車場へ。

リリース前に、昆虫ポケット図鑑で「蝶」の種類を確認。

・モンキチョウ
・モンシロチョウ
・ウスキシロチョウ
・???

3匹も捕まえた蝶の種類が分かりません。
一番大きくて、色彩も派手なのに、いったいどこに載っているのか。

・・・よく見ると、なんと「蛾」のページにありました。

「マダラガ」の仲間とのこと。
勝手なもんで、一気にテンションが下がります。

しかし「蝶」と「蛾」の関係って微妙です。
似ているのに、かたや嫌われ者。

「カブトムシ」と「ゴキブリ」
「カタツムリ」と「ナメクジ」

昆虫にとっては甚だ迷惑な話なんでしょうね。

最後に、鱗粉を傷つけないよう、そっと放します。

ここで発見。

「蝶」は、ひらひらと不規則に飛びますが
「蛾」は、直線的に、ふわゎ・・・と飛ぶんです。

見た目で分かりにくい場合は、飛び方で判別できそう。

また一つ、勉強になりました。

Eテレとカマキリ先生(香川照之さん)に大感謝です。