「ウルトラマンシリーズ 主題歌BEST3」を選出してみましたよ!

では、早速行きましょう!

まず、3位は・・・

「ウルトラマン・ガイア」です。


歌詞だけ見るとふざけてるような感もありますが、とにかく歌が格好いいんですよね。
それもそのはず、なんと元クリスタルキングの田中昌之さんが歌っているんです。
キーは抑え気味なんですが、往年より渋みを増した声と、歌いまわしは天下一品!完全にクリキンを再現しようとしたのか、もう一人の大門一也さんの歌い方もムッシュにそっくり。

「大都会」ファンは、必聴の一曲です!

 

続いて、2位は・・・

「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA – Themes –」です。

「ウルトラマンオーブ」終了から、間髪入れずにAmazonプライム・ビデオで配信がはじまった「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」。ウルトラマンオーブ始まりの物語と称した、最近はやりの前日譚ってやつです。

その前期オープニングを飾るのがこの曲です。

いわゆるEDMなんですが、これが格好いい!

今までのシリーズ主題歌とは一線を画したモダンな曲調、音圧ビシバシ、スピード感最高で、ダレることなく2分半があっという間に過ぎていきます。

歌うのはウルトラマンダイナこと、つるの剛士さん。これから多くの経験を積んでいくだろうルーキー・ウルトラマンの初々しさを、見事な歌声で表現されています。

 

そして、一位は・・・

「ウルトラマン80」です!!

「君は誰かを愛しているか。それは、生きていることなんだ。」

この神フレーズに、珠玉のメロディーと、素晴らしい歌が一体となって奏でられる、まさに最高の一曲です!

ウルトラマンシリーズは、その時代の流行を取り入れる傾向がありますが、80はドラマパートは金八先生、そして曲はゴダイゴの影響でしょうか。

初めて聞いたとき、ヴォーカルは完全にタケカワユキヒデだと思っていました(実際はTALIZMANが演奏しています)。

 

番外編として、ウルトラセブン 子門真人バージョンを推しておきます。

ヴェルディばりの重厚なオーケストレーションと、子門さんの抜群の英語歌唱力が、本来の少年合唱団バージョンとは異なる世界を生み出しています。

はい、大人向けです。