【『 ハイリアの盾仕様 Newニンテンドー2DS LL 』~絶賛 有休消化中!四十路男の暇つぶし】

一昨年前に購入した「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」が超絶に面白く、しばし、ゼルダの世界に浸っていました。

そんな中、マイニンテンドーストア限定「ハイリアの盾型2DS」が発売されるとの情報。

 

携帯ゲーム機なんて、はるか昔、小学生時代の「ゲームウオッチ」が最後。

それから、「ファミコン」→「ディスクシステム」→「スーファミ」と、王道を歩んできました(ここで、いったんゲーム卒業)。

とにかく、テレビサイズの大画面でゲームをすることが絶対と信じ、ゲームボーイ以降の携帯機は「子供向け」と決めつけて、目もくれませんでした。

なので、DSも引っかからないはずなんですが、「ゼルダ愛」再燃中の今、どうしても気になることが・・・。

 

それは、「神々のトライフォース」以来、やってこなかったゼルダの過去作たち

時のオカリナ
ムジュラの仮面
神々のトライフォース2

いずれも、いまやDS以外でプレイするのは困難です。

 

迷ったら、買い」が身上の私。

初の携帯ゲーム機を、初利用の「マイニンテンドーストア」で注文しました。

 

届いたのは、昨年10月末。

永年働いてきた会社を辞め、時間が有り余っている絶好のタイミング。

開梱一番、デザインが素晴らしい!

   

おこさまへ」のメッセージに、若干萎えながらも、初期設定を進めていきます。

   

専用の充電アダプターも、購入済み。

   

そして、プリインストール「時のオカリナ」をプレイしてみると、これがまた素晴らしく面白い!

 

そもそも、老眼が始まった私には、画面が小さく、見えにくいところもあります。

3DSであれば、神殿や洞窟内での「高さ」「深さ」「奥行き」の空間表現は、もっと分かりやすいのでしょう。

さらに言えば、発売当時のハード「64」「ゲームキューブ」を使い、TVモニターサイズなら、さらに楽しめるだろうなとも思いました。   しかし、2DSでも、初代から続くあのゼルダの世界観は、少しも縮こまってはいません。

さらに、イヤホンを装着すると、音響処理(臨場感)の凄さを体感できました。

改めて、歴代のゼルダ開発チームに敬意を表し、未プレイの代表作を買ってきました。

全クリに、半年はかかりそうです。